上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

これが秋夕



ブログランキング・にほんブログ村へ


体験しました、生まれて初めての 秋夕 (추석=チュソク)。


久しぶりにKapsさんと早起きして朝8時にKapsさんの弟、ユンスさんのお宅へ行った。

そこではすでにお供えの料理ができていて、ユンスさんが出してきた祭器(チェギ)に並べていく。


kako-l96nHPTHViVV7Zvf.jpg


こういうのを 茶礼 (차례=チャレ)っていうんだって。


北を上座にして

Kapsさん、ユンスさんのお父さんの写真や 紙榜 (チバン…お位牌みたいなの)が置かれる。


まずは主人のKapsさんからお父さんにお酒をお供え。


kako-5S61jmtqk87GMuas.jpg


こういうのもちゃんと年齢の順なのね。次はユンスさん。


kako-VwKUqNOOvfCm7AQS.jpg


そして次はKapsさんの長男のホグンくん。次男のヨングンくんは兵役中なのでパス。


kako-t4SwDbhrVLEFxXtk.jpg


最後はユンスさんの長男のミョングンくん。可愛い小学生ながら参加。


kako-mWSFowmezPAQgUph.jpg


いまは女性も参加できるようになったらしいんだけど昔は男性だけで行われてたそうです。


お酒をお供えしたあとは、最敬礼にあたる ジョル を2回。


kako-xgEHkNCuSW7NNOqi.jpg


日本の土下座にちょっと似てるけど、一回づつちゃんと立ち上がるのよね。

ドラマでは見たことあるけど、本物は初めてみました~。


だけどこれも儒教思想のもとの最敬礼なので、宗教によってやり方はイロイロでいいらしい。

ミョングンくんはクリスチャンなので両手を組み合わせたお祈り、

私もやらせてもらったんだけど仏教徒なのでお数珠を指にかけて両手を合わせた。


それからみんなそろってお供えした料理で朝ごはんをいただく。


kako-vfZ0abrZtTlgfXNs.jpg


ごはんのあとは、デザートも ヽ(*^∇^*)ノ♪


kako-lvQ4XTmHzosUU2VE.jpg
(これもチュソクのお供えに欠かせない松餅=ソンピョン)


そうしてみんなでお墓参りへ出発!

チュソクなので、高速道路の料金所のおばちゃんも正装しています。


kako-yBM9pa3LfTLfBZvf.jpg


名物の大渋滞は反対側の車線で見かけた。こりゃーたいへんだぁー。


kako-rerBGFozhIMnGd4Y.jpg


有能なナビシステムのおかげでたいした渋滞にもあわず、

Kapsさんのお父さんの遺骨がおさめられている京畿道(キョンギド)烏山(オサン)の納骨堂へ到着。


kako-WFtmWQEHRqXU7DAx.jpg


昔はちゃんとお墓があったらしいんだけど

街の開発で立ち退きしなくちゃならなくて、こっちの納骨堂に移してきたんだって。


これがKapsさんのお父さんの骨壷です。


kako-hqfXCXyNoTgDSKnb.jpg


お父さん、はじめまして。Kapsさんの新しい女房です。

日本語しかしゃべれないけど、きっと天国にいるお父さんには伝わってるでしょうね。


ひょんなことからKapsさんと出会いました。

というか、もしかするとお父さんの仕業だったでしょうか?

うちの両親とそちらで申し合わせてKapsさんと私を会わせてくれたのでしょうか?


そんな気がしてしまうほどKapsさんに出会えて私は幸せです。

お父さん、ありがとうございます。



…なんておセンチになりながらしっかり手を合わせる私をよそに、

Kapsさんやみんなは骨壷の前に一瞬立っただけでどっかへいなくなっちゃうしー Σ(・ω・ノ)ノ(笑)


納骨堂のお参りってそんなもんなんだって。


でも今回のチュソクでは他にも「そうかー」ってしみじみ感じたことがあるし、

想定外のサプライズな喜びもあったの。


おいおいお話していこうと思いマス (*ゝω・*)


チュソク中につき、おまけの食事記録「ちょいヤセ日記」はお休み。

コメントのお返事ももう少しお待ちくださいませね。ごめんなさい (`_´)ゞ


ブログランキングに参加しています。
皆様のお帰り前のポチポチッがたいへん励みになります o(〃・◇・〃)ゞ ↓


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



またのお越しとコメント、お待ちしていまーす ヾ(。・ω・。)
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。