「日本が好きっ」



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

と断言する、ウチの次男坊です。


kako-euDjZwi88aoaqPY1.jpg
(テカポにて)


15歳からずっとひとりで日本の外で暮らしてるからかな。

今年11月にニュージーランドの高校を終えて帰国したら、しばらく日本に引きこもるらしい(笑)


ADHD (注意欠陥多動性障害)の他に ディスレクシア (識字障害)もある彼なので

小中学校時代は日本の 「ガッコウ」 っていうところになじめなかった。


本人はなじもうと懸命に努力してたんだけど、

目に見えない彼のハンディに対して周りの理解を得るのは難しく、常に誤解されてたからね。


せめてなにかひとつでも得意なもの(英語)ができればって海外行きを勧めたの。


kako-JI7UtoPYq3P3hpa2.jpg
(マウントクックにて)


その彼が、日本に帰ったら大学へ行きたいという。

てっきり専門学校へ行って調理を学ぶんだろうと思ってた母なので急な方向転換にびっくり。


経営学を学びたいらしい。将来経営者になりたいからと。


「学問」と「実際」はちがうよっていう話はした。

スポーツ学を学んだ人間が優秀なスポーツ選手になれるとは限らない。鍛えるトコロがちがうもん。


本当に経営者になりたいんなら、尊敬できる経営者の下で働いてみるのがいい。

その人から教えてもらえるなんてユメユメ思っちゃだめだけどね。

「実際」になりたいものになるためには、懸命に働いて貪欲に盗むしかない。


お母さんの言ってることがわかってんのかわかってないのか、

「もし帰国生枠の入試で合格したら大学行ってもいい?」と聞く次男。


そうだ σ(o’ω’o) まず合格するかどうかもわからないんだった。


頭はしゃんとしてる。というか、知能指数は121あるので決して悪いほうじゃない。

ただ字を読んだり書いたりが苦手だし、長時間集中力が続かない。


TOEICみたいなマークシート方式なら

途中で集中力が切れてもまぁまぁなスコアが取れたりするみたい。

だけど論文とかってどうなんだろう…。


たまたま合格したとしても

講義についていけるのか(90分間の講義はフツーの人でも集中力が途切れる)、とか。

ちゃんと単位が取れるのか(テストだって筆記だもんね)、とか。


あー、心配。 llllll(-ω-;)llllll


kako-kLK0dsqqZcFN0ewZ.jpg
(ミルフォードサウンドにて)


「親が心配してもしょうがないよ。本人がやると言ってるんだから」とKapsさんが言ってくれる。


うん、そう…。そのとおり。

なんか子供のこととなるとつい先へ先へと回り込んで考えちゃうのよねぇ、母親って。



「(冬にばかり帰国してるから)日本の夏なんかもう忘れちゃったよー」なんてつぶやきながらも

やっと帰れることに喜びが隠せない様子の彼。


夢にまで見た故国です。


kako-z58pq9HuugqkB3Ft.jpg
(クライストチャーチにて)


日本の空気、日本の人たち、日本の食べ物、日本の社会。

多感な時期を海外で過ごした彼の目に今の日本はどんなふうに映るんだろう。


大学行きが果たしてどうなるかわからないけど

とりあえずどの路を進むにしても

自分で考えて自分で出した答えを自分で消化できる大人になって欲しいと思う。


kako-ij1NghYRak5x2fuJ.jpg
(クイーンズタウンにて)


何事も自分しだい。

そう考えるクセがつけばいずれはハンディだってカバーできる、と母は思う。


あと3ヶ月で大好きな自分の国に戻る。ファイティン、次男!



ブログランキングに参加しています。

皆様のお帰り前のクリックがたいへん励みになります o(〃・◇・〃)ゞ




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村


いつも読んでくださって、゚+(人・∀・*)+。アリガト♪ 皆様に心から感謝申し上げます!

またのお越しとコメント、お待ちしていまーす ヾ(。・ω・。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。